手に職を付けたいと考えている方はぜひお申し付けください

富士から土木のお仕事に関するご依頼を専門的に承っている会社として、株式会社チダではご要望に沿って施工いたします。皆様が普段目にするコンクリートを使用した建造物に関する業務を引き受けており、劣化箇所の補修・補強工事に対応している会社です。また、今後を担う人材の育成や募集にも力を入れており、これまで培ってきた経験から自社で一から育て上げてまいります。
各種ご相談や応募はお電話から承っておりますので、ご用命の際はぜひお申し付けください。
傷んだコンクリートをなおしています
  •  

     

    コンクリートは半永久的でメンテナンスフリーであると思われていたものでしたが、最近になってこれら構造物の早期劣化現象が従来言われてきたコンクリートの寿命(50年)と比較して、短い10数年で現れるようになりました。

  • セメント工事
  • 工事
  • トンネル点検
  •  

     

    それらは塩害、中性化、アルカリ骨材反応、酸性雨等によるものです。これらの要因による劣化、または劣化が進行しつつある構造物の劣化程度を明らかにし、さらに将来の劣化傾向を予測することがコンクリート耐久性向上に不可欠です。

  • セメントを固めている様子
  • 工事
  • 施工
  •  

     

     

    現在は問題のあるコンクリートをすべて作り直す時代ではありません。劣化したコンクリートは補修・補強し社会資本として永く使う地代が始まりました。

富士の地で土木業務を専門的に請け負っている株式会社チダ

ご利用いただくお客様が満足できる施工を提供できるよう、塗装や左官、鳶作業を一手で承っている会社です。塗装の際、コンクリートの表面に止水効果や防水効果のある薬剤を散布いたします。そうすることで従来よりも高い機能性を持つコンクリート建造物に仕上げることが可能です。左官工事では塗装の下地や仕上げに使用されることが多く、コテを使って壁や床を塗り付けてまいります。
工事の際、最初に必要となる足場を構築する鳶作業も対応しているのが特徴です。鳶業務自社で行えば、迅速に次の作業に移ることができ、別の施工会社にご依頼を行う費用や手間も掛かりません。その分覚えることも多くて大変ではありますが、経験豊富な職人が一から丁寧に教えてまいりますので、安心して作業なさってください。

富士にある会社では土木工事の際にコンクリートを補修・補強

県内の東部を中心に様々な現場でお仕事を承っているのが株式会社チダです。業務では主にコンクリートを使用した構造物に対する補修・補強工事を請け負っております。コンクリート建造物は設置環境や使用条件等によって劣化を引き起こしてしまい、場合によっては破損することもございます。場合によっては倒壊にも繋がる可能性が高まってしまいますので、コンクリートを使用した設備や施設をより安全に長く利用し続けるためにはメンテナンスが必要となります。
現場に専門のスタッフを派遣し、ご依頼の箇所を調査・診断しながら状態に最も適した補修・補強方法を提案しているのが特徴です。その後、内容に沿った施工を行っております。現在では様々な場所で利用されているコンクリート建造物をぜひ一緒に補修・補強なさってください。

富士で高い技術のある土木職人が防水加工も行っております

施工後も長く施工物を利用し続けていただけるように努めております。コンクリートは日々雨風や気温の変化に晒されてしまうため、高品質な加工からコンクリートを守ることも大切です。そこで、超速硬化ウレタン・ポリウレア樹脂を採用しました。こちらは、従来の手塗りウレタン塗膜防水硬化時間を大幅に短縮することができます。その効果はスプレー散布後約30秒で現れ、指触を行えるのが特徴です。さらに約3分後には歩行もできるため、今まで5日は掛かっていた施工期間が当日中で終わるといった大幅な時間短縮が可能となりました。
さらに専用の機械を用いて吹出量をコントロール管理しているため、均一な膜厚が確保できます。JISA6021の1類規格を上回る高性能な防水層の形成ができますので、防水効果の付与ならお任せください。